本文へ移動

生活介護事業所 朝日山学園

施設紹介

生活介護事業所 朝日山学園
●緑に囲まれた施設はあたたかい雰囲気に包まれています。 
当施設は開設以来、社会との関わりを持ちながら、地域のなかで障がいのある方が生活していけるよう取り組んでいます。ご自身のライフスタイルを身に付けることができるよう、的確なサービスのご提供に努めております。

施設概要

施設名称
生活介護事業所 朝日山学園
事業所番号
4111100204
開設年月日
平成9年4月1日
所在地
佐賀県鳥栖市江島町字西谷3300番地1
TEL
0942-84-3266
FAX
0942-84-3286
mail
利用定員
20名
建物構造
鉄骨造亜鉛メッキ平屋建 軽量鉄骨造平屋建 鉄骨造合金メッキ平屋建
職員配置
管理者1名、サービス管理責任者1名、医師(非常勤)1名、看護師2名、支援員13名、
事務2名、調理3名、清掃1名

生活介護事業とは…

常時介護を要する障害者として厚生労働省令で定める者につき、主として昼間において、障害者支援施設その他の厚生労働省令で定める施設において行われる入浴、排せつ又は食事の介護、創作的活動又は生産活動の機会の提供その他の厚生労働省令で定める便宜を供与することをいう。(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第5条第7項より抜粋)
障害支援区分3(50歳以上の場合は2)以上の方が対象となります。

基本方針

①障がいをもつ人が、ひとりの大人として、可能な限り独立した個人として生きていけるようになるための支援を行う(個人の尊重)
②どのような問題にも対応できる多機能性と柔軟性を備えます(地域のニーズへの対応)
③地域の人々の理解と協力のもとに、障がいをもつ人々が地域の中で安定した暮らしを営むことが可能になることを目指します
④利用者の一人ひとりが豊かな個性と人間性を備えた個人として、充実した人生を主体的、意欲的に送れるように家族への援助と支援を通し、家族の理解と協力により明るく暖かい場を築くことにつとめます(ファミリーサポート)

支援内容

一人ひとりの持つ能力を最大限にいかす努力をすることを基本に、作業・生活を中心とした小集団によるプログラムと個別ケアの二本柱で支援を行います。
Ⅰ集団プログラム     
 一人ひとりの興味・関心及び必要性に応じて小集団で支援します。
 Ⅱ個別ケア     
個々のニーズと必要性に応じ専門機関と連携し、よりよい支援を行います。
地域社会でより良く生活していけるような支援を行います。

1日の流れ

利用するためには

障害支援区分認定とサービスの支給決定が必要です。市町村福祉課(事務所)へお申し出ください。受入れ可能となった時点で、利用契約を交わし、利用開始となります。
朝日山学園は、平成19年3月まで知的障害者援護(旧通所更正)施設でした。4月より生活介護事業へ移行しましたが、主たる対象者を知的障がいがある方としております。

利用料について

①利用者負担金
サービス利用料金(厚生労働大臣が定める基準により算出した額)の1割が、原則利用者負担となります。各月の負担は利用者負担上限月額までとなります(他障害福祉サービスの利用者負担金を含めて)。
②その他
介護給付費対象外サービスとして、利用者に負担を求めることが適当であるものは、利用者負担となります。
昼食費(1食700円、但し、食事提供体制加算の算定対象の方は1食400円)、日用品費(ティッシュペーパー等共用分は除く)、手続き代行等が対象となります。

行事

 5月 ピクニック
 8月 旭地区夏祭りへ参加
12月 クリスマス会
 1月 初詣
 2月 節分、バレンタインデー
 3月 ホワイトデー

日常生活におけるサービス

●食事介助
ご利用者様の状態に合わせ普通食、きざみ、粥食なども対応しています。
●排せつケア
排せつケアは、ご利用者様の身体の状態に合わせ、介助いたします。
●健康状態のチェック
常勤の看護師が血圧・脈拍・体温などの測定と体調チェックを行います。
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0942-84-3266
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
社会福祉法人あさひ会
〒841-0073
佐賀県鳥栖市江島町字西谷
3300番地1
TEL.0942-84-3266
FAX.0942-84-3286
1.第二種社会福祉事業
2.公益事業
0
2
0
5
9
8
TOPへ戻る